エコキュートをメーカー別に徹底比較|選び方の基本やポイント

【投稿日】

【更新日】

省エネや電気代の節約などを理由にエコキュートを取り入れる家庭が増え、その普及台数は500万台を超えています。その用途は非常時にも活用でき、断水時にタンク内の水を非常用として使えるなど、防災面でも非常にメリットが多いのをご存知でしょうか。エコキュートの選び方の基本や、メーカーごとの特徴を比較して、ぜひご家庭にあった1台を見つけてください。

エコキュートの選び方

エコキュートにはメーカーによる違いだけでなくさまざまなタイプのものがあり、機能や家族構成、また住んでいる地域など自分にあった商品を見つけることが重要です。

機能で選ぶ3つのタイプ

エコキュートはメーカーごとで多少呼び方の違いがあるものの、お湯を温める方法として大きく分けて3つのタイプがあります。それぞれのタイプによって備わっている機能にも違いがあります。

フルオートタイプ

「自動」ボタンを押すだけで、湯船のお湯はりから保温、たし湯まで全ておまかせの全自動タイプ。基本的な機能はどのメーカーもほぼ同じですが、入浴していない時の追い炊き回数を自動的に減らしたり、たし湯やたし水をしないで自動で湯温を調整するなど、特徴的な機能についてはそれぞれで多少違いがあります。

オートタイプ

「自動」ボタンで設定した湯音・湯量でお湯はりのみを行います。保温や追い炊きは自動ではできないものの、たし湯やたし水は入浴中にはスイッチひとつで行えるものがほとんどです。フルオートタイプよりもやや価格が安めです。

給湯専用タイプ

手動で蛇口を回して給湯するシンプルなタイプで、設定湯量になったら知らせてくれます。機能はお湯はり完了のお知らせのみとなっているため、最も低価格です。

タンクの大きさは家族の人数で選ぶ

家族の人数に合わせた使用湯量を参考にしながら、タンクの容量を選びます。小さいものを選んでしまうと追加でお湯を沸かす必要があり効率が悪くなるので、大きめを選ぶほうが無難と言えます。 大きいサイズだからといって最大容量までお湯を作るのではなく、使用状況を学習して必要な分だけ沸かしてくれるので、電気代が大幅にアップするということはなく、安心して使えます。 使用湯量の目安は、家族3〜4人であればお湯はり1回とシャワー4人分、洗い物や洗面などに必要な湯量を合わせて370L程度、4〜5人であればお湯はり1回とシャワー5人分、洗い物など合わせて470L程度となります。ただ、夜だけでなく朝シャンをするなどライフスタイルによる使用量の違いはあるので、あくまで参考としてください。
家族の人数 タンク容量
1人(マンション用) ?200L以下
2〜3人 ?300L
3〜4人 ?370L
4〜5人 ?460L
5〜7人 ?560L
※メーカーにより容量に多少の誤差があります。

設置スペースに合わせたサイズ展開

エコキュートの貯湯タンクにはベーシックなタイプの角型、奥行きが狭いスペースにも置ける薄型のほかにも、狭いスペースにも置けるスリムタイプや、上部にスペースのできる低背モデルなど、メーカーによってさまざまなサイズ展開があります。 エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの2つを設置するスペースを確保する必要があります。メーカーによってもそのサイズはさまざまなので、周りの環境や設置スペースを事前に確認して製品を選んでください。

地域に合わせた仕様

一般的にエコキュートは外気温-10℃で、約90℃のお湯を作ることができるます。お住みの地域の環境に合わせた仕様を選ぶことが必要です。 一般地域での使用は、最低気温ー10℃までの地域、また次世代省エネルギー基準�V〜�Y(平成25年基準では4〜8)の地域向けの仕様です。寒冷地仕様は、最低気温がー25℃までの地域、また次世代省エネルギー基準�T〜�U(平成25年基準では1〜3)の地域向けの仕様です。 また、臨海地域や海浜地域向けに耐塩害仕様の商品もあり、設置場所と海との距離が300メートル以上1キロ以内に対応しています。海との距離が300メートル未満の地域には耐重塩害仕様の商品もあります。 いざ設置するとなると多くの業者があり、どこに頼めばよいのか選ぶのに苦労します。そんな時におすすめなのが、「ナコウド」という一括見積サイトです。信頼できる厳選された業者のみ取り扱いがあり、その中で複数の業者に一括で見積もりを依頼することができるので、できるだけ価格も抑えることができます。

パナソニックのエコキュート特徴

さまざまな家電に「エコナビ」を搭載しているパナソニックはエコキュートにも「エコナビ」を搭載することで高い省エネを実現しています。

タンク容量とサイズ展開

パナソニックのエコキュートのタンク容量は195L、300L、370L、460L、560Lとなっており、角型、薄型、コンパクトの3種類のサイズ展開となっています。 【一般地向け】
? 角型 薄型 コンパクト
560L ? ?
460L ?
370L ?
300L ? ?
195L ? ?
【寒冷地向け】
? 角型
560L ?
460L
370L
300L ?
195L ?

最大の特徴「エコナビ」

人の出入りに反応し、設定温度まで加温することで自動保温機能によるエネルギー消費を抑える「ひとセンサー」と、お湯の冷め方を学習して浴室不在時に繰り返し行われていた湯温チェックをカットする「湯温学習制御」という2つの機能を備えた「エコナビ」により、パナソニックの検証結果によると、ふろ保温時に最大約35%の省エネ効果が確認されています。

「ぬくもりチャージ」で残り湯を有効活用

また入浴後、捨てられていたおふろの残り湯の熱を有効活用し、夜間の沸き上げを節約する「ぬくもりチャージ」機能を搭載することでより効率的にお湯を作ることができ、設定により新電気料金メニューにも対応が可能となっているので、省エネ性も高くなっています。

リズムeパワープラスで省エネと節水

「リズムeパワープラス」はパナソニック独自の技術によってシャワーの湯量と温度を一定のリズムで変動させ、使い心地の良さはそのままに節水と省エネを実現しています。パナソニックの検証実験においては最大で約20%の省エネと、約10%の節水効果という結果が得られています。

日立のエコキュート特徴

日立のエコキュートはお湯はりの速さとシャワーの水圧が高く物足りなさを感じないという点が最大の特徴になっています。

タンク容量とサイズ展開

日立のエコキュートのタンク容量は370L、460L、560Lがあり、角型、薄型の2種類があります。 【一般地向け】
? 角型 薄型
560L
460L
370L

【寒冷地向け】
? 角型 薄型
560L
460L
370L

業界トップクラスのお湯はり時間

日立のエコキュート、最大の特徴はお湯はりのスピードで、「ナイアガラ倍速湯はり」により標準の約2倍の速さでお湯を張ることができるので時短にもつながりますし、お湯張りの間に湯温が下がってしまったり保温の電気代がかかってしまう心配もありません。

高いシャワー圧と衛生的な給湯タンク

パワフルシャワー搭載で、浴室と台所2か所で同時にお湯を使っても、シャワーの水圧がおちにくくなっています。従来では困難だった3階への給湯も可能になり、「ウレタンク」と呼ばれる給湯タンクは断熱性に優れており、湯温を維持するための電力を節約できます。高温の維持もでき、雑菌が繁殖しにくく衛生的に使用することができます。 「快泡浴」と呼ばれる、はじける気泡を楽しめるアダプターが別売りのオプションで付けることができ、省エネだけでなくリラックス効果も期待できるものになっています。

コロナのエコキュート特徴

エコキュートを世界で初めて発売したコロナは、サイズ展開もニーズに合わせて幅広く取り揃えています。

タンク容量とサイズ展開

コロナのエコキュートのタンク容量は185L、300L、370L、460Lで、角型、薄型、スリム型だけでなくデザインエコ、ライトという全5種類のラインナップがあります。デザインエコは人目につく場所にも置きたくなるようなデザインにもこだわりを持ったタイプで、ライトは180Lの1〜2人用のタイプになっています。 【一般地向け】
? 角型 薄型 スリム デザインエコ ライト
460L ? ?
370L ?
300L ? ? ?
185L ? ? ? ?
【寒冷地向け】
? 角型 スリム
460L
370L
300L ? ?
185L ? ?

エコキュートのパイオニア的メーカー

コロナは、2001年に世界で初めてエコキュートを発売したメーカーです。その後、時代のニ−ズに合わせて進化し、さまざまな製品を発売しています。 コロナ独自のエネルギーセーブ制御で、効率よくお湯を「つくる」「ためる」「使う」という3つの技術を融合させることで、「お湯の沸き上げ」や「省エネ給湯回路」「省エネ保温」などにいかすことができます。 また業界初の入浴検知センサーを搭載し、湯温チェック自動運転の繰り返し動作をカットし、浴槽に人が入った時点で追い炊き保温を始めます。

耐久性の高い給湯タンクで沸き上げ効率を向上

「マルチサークル追い焚き」は、ヒートポンプの効率を高めることで効率よくお湯をつくり、新潟県燕三条の高度な溶接技術で仕上げた保温性と耐久性の高いタンクで効率よくお湯を貯めることができます。 そうすることで、30〜50度の中温湯をムダなく使い切り、翌日の沸き上げ効率を向上させることでヒーターを使わず高温湯の熱を利用して追いだきや保温ができます。

三菱のエコキュート特徴

三菱のエコキュートは、マイクロバブルを利用した自動配管そうじと入浴時のリラックス効果が大きな特徴となっています。

タンク容量とサイズ展開

三菱のエコキュートのタンク容量は300L、370L、430L、460L、550Lがあり、角型、薄型の2種類となっています。三菱の薄型は大手メーカの製品の中でも最も薄くなっており、奥行きのない場所や限られたスペースにも使いやすくなっています。また1〜2人やマンション用のコンパクトタイプの180L、200Lもあります。 【一般地向け】
? 角型 薄型 コンパクト
550L ? ?
460L ? ?
430L ? ?
370L ?
300L ? ?
180L/200L ? ?
【寒冷地向け】
? 角型 コンパクト
550L ?
460L ?
430L ? ?
370L ?
300L ? ?
180L/200L ?

栓を抜くだけで自動ふろ配管そうじ


毎日の入浴で、知らないうちに汚れてしまう風呂の配管ですが、三菱のエコキュートは浴槽の栓を抜くだけで自動的に「バブルおそうじ」機能が開始されます。約0.1ミリのマイクロバブルが微小な汚れを強力に吸着し、洗浄剤を使う手間も省いて、ふろ配管を徹底洗浄してくれるのでいつでも清潔で気持ちのいいお風呂を楽しむことができます。

微細な泡でお肌もうるおう「ホットあわー」

入浴中にボタンを押すだけで、ごく微細な約0.01ミリのマイクロバブルが発生し、全身を心地よく包み込んでくれます。 微細な泡ほど水中に滞留しやすく、独自の旋回流ノズルによりたっぷりと肌に付着することで、湯冷めもしにくくなります。また肌水分量を上げる効果も期待できるので、乾燥が気になる季節にも入浴するだけでうるおいを逃しにくくなります。

ボタンひとつで残り湯の熱を回収

まだ温かい残り湯の熱を捨てることなく、熱だけをタンクに戻すことで夜間の炊き上げに必要なエネルギーを節約する新機能が「ホットりたーん」です。 入浴後にリモコンのボタンを押すと、熱の回収を開始し、残り湯の熱を貯湯タンク内の低温の水と熱交換して貯湯タンク内の水を温めます。三菱のエコキュートでは、バブルおそうじで熱交換器まで洗浄するので、長年の使用でも熱回収率の落ちにくい仕組みとなっています。

家庭に合ったエコキュートを選ぼう

以上のように、メーカーによってサイズやタンク容量のラインナップ、また特徴もさまざまです。価格的にも決して安いものではないので、住んでいる地域や設置スペース、またどのポイントに重きを置くかをしっかりと検討して、家庭に合ったエコキュートを見つけてください。

エコキュート設置の相談はナコウドに厳選された業者へ

どのエコキュートにするか製品を決めれば、次は設置業者を探さなければなりません。購入した電気店などの外注業者に頼むのも一つの方法ですが、業者によって工事費用もさまざまです。少しでも安く、信頼できる業者に頼みたいものです。ですよね。 そんな時は、ナコウドで業者の比較をしてみてはいかがでしょうか。厳しい審査基準を満たした厳選された業者に一括で見積もりの依頼ができるので、費用を比較し出費をできるだけ抑えることもできます。エコキュートの設置を検討している方は、ぜひ一度相談されることをおすすめします。