家庭用の蓄電池の価格について|高額なだけに知識は重要

【投稿日】

【更新日】

国民の中で震災などに対する意識が高まり、もともと産業用として使用されていた貯蓄電池が、家庭用として近年注目を集めています。電気を自給自足するという考え方は、今後のエコ活動や節電にも役立つからです。

太陽光発電システムを利用している人は、固定価格買取期間が基本的に10年ですので、売電しても高く売れなくなるのです。そのため、固定価格買取期間が過ぎたら、それ以降は家庭用蓄電池を設置して、自給自足で電気を補ってみようという人が多くなってきました。
家庭用の蓄電池は高額ですが、さまざまなメーカーからどんどん発売されています。

蓄電池を購入することでメリットは感じられるか、どのように活用していけばよいのかを学んでいきましょう。また、太陽光発電との相性はどのようなものかを考えていきます。

家庭用蓄電池のメリットを活かした使い方

家庭用蓄電池はかなり高額ですので、自分にとって納得のいくメリットがなければなかなか手が出せません。どのようなメリットがあるのかをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

太陽光発電と組み合わせて購入する電力を抑える

太陽光発電を設置している人の多くは、同時に家庭用の蓄電池も設置しています。

その理由は、日中に多く電気を利用するときは太陽光発電でまかない、朝夕や天気の悪い日など太陽光が不足しているときなど、太陽光発電だけでは電気が補えない部分が出てきます。

そこで活躍するのが、夜間の太陽光発電が稼働していない時間帯の電気を、蓄電池でカバーして節電することができるというわけなのです。ともに不足している部分を補えるということが最大のメリットです。

非常時に備える

太陽光発電で電気を貯めて、非常時に備えるということも蓄電池の魅力です。災害時などは停電する可能性が高く、蓄電池に貯めた電気が使えるから安心できます。

この先、電気は貯めて利用するという時代にシフトしていくので、早いうちからチェンジすることも必要かもしれません。
近年はどんどんと高齢化が進んで、自宅療養のケースも多くなってくるでしょう。そのときに停電になってしまっても、電気の確保はできるため家族の身が守れるのです。
特に、オール電化などで電気に頼りきった生活をしているのであれば、なおさら導入を考えたほうがよいでしょう。電気がライフラインですので、万が一に備えておくことが大事になってきます。

蓄電池付充電器を使いEVの充電をする

電気自動車(EV)は近年目覚ましく需要が伸びていて、同時に蓄電池付充電器もさまざまな種類が発売されています。もともとはEVの充電器として開発されたのですが、太陽光発電で電気を充電器に貯めて、EVの充電はもちろん家でも使用できるようになったため注目されています。

特に、太陽光発電で貯めた電気を、有効活用したいという人におすすめです。EVやプラグインハイブリット車(PHEV)の購入をこれから考えている人は、蓄電池付き充電器の選択も考えてみてはいかがでしょうか。ガソリン代よりも、電気代のほうがはるかにお得ということが実感できます。

メーカーによって異なる価格や特長

蓄電池を扱っているメーカーのそれぞれの特徴や価格を、自分のライフスタイルや住環境と照らし合わせて選ぶようにしましょう。比較するポイントは「容量・寿命・価格」の大きく3つに分けられます。

容量としてはメーカーによって、4.4~12kWhくらいまで大きく差がでてきます。もちろん容量が大きくなるほど値段もかなり上がってくるため、予算も含め考えなくてはいけません。

家庭用蓄電池寿命は使用できる回数は5,000~8,000回で、容量が大きいものほど寿命は短いというのが特徴になります。また、大手メーカーの蓄電池と太陽光発電との連携は、ほとんどできますので安心です。

家庭用蓄電池の価格は種類や容量などで差がある

なぜ、メーカーによって価格などが変動しているのかを、もう少し詳しく説明していきます。需要が多い分メーカーも競い合って、さまざまな機種を販売しているのです。安い買い物ではないため、予算と便利性がマッチするか納得がいくまで考えてみましょう。

低価格な鉛を利用した蓄電池の価格

鉛蓄電池は古くからあり、二次電池の中では少し大型で性能面で少し劣りますが、価格がお手頃なため蓄電池というのがどのようなものか試したい人におすすめです。鉛の特徴として長時間小電流を流したり、小時間大電流を流しても性能に安定しているという点です。 価格は10万〜200万円台前半くらいまでかなりの差があります。鉛蓄電池は放電しすぎてしまうと劣化が早くなるため、放電し切る前に充電をしたりとケアが必要になってきます。 また、設置場所は直射日光が当たる場所は避けるなど、少し扱いに手間がかかります。鉛蓄電池は補助金の対象にはなりませんので、頭に入れておきましょう。しかし、その分安くなると考えてもよいかもしれません。

一般家庭向きのリチウムイオン蓄電池の価格

鉛蓄電池と比べると電解液を少なく抑えられるので、その分小型化できるようになったのです。そのため、パソコンの小型のものからEVまで幅広く活用されています。鉛蓄電池に比べると価格は高めですが、性能がよく小型なのでスペースも取らず、家庭用蓄電池として普及し始めています。

価格は100〜300万円以上のものまでありますが、こちらは補助金の対象となります。しかし、充電や放電をしすぎたりすると故障の原因となったりしますので、ほとんどのメーカーに保護機能などが搭載されています。

家庭用蓄電池のメーカー別の特長

実際にメーカー別でどのような効果や、メリットがあるのかを調べてみましょう。他社を比べることで、自分のライフスタイルに合うかどうかが見えてきます。

UPS機能搭載のオンリースタイルの蓄電池

UPSとは無停電電源装置と言いリチウムイオン蓄電池で、停電時に電気機器への電力供給が途切れること無くシフトできます。UPS機能搭載のものはソニーでも発売されていますが、オンリースタイルの蓄電池はお手頃な価格のものが多く、12万円から販売されているためとても人気があります。 セット販売も実施されていて、100Wのソーラーパネルと500Whの蓄電池のセットが18万4,000円と破格の値段になっています。そのほかにもさまざまなセットオプションがありますので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。 【参考 :オンリースタイル

長寿命と多彩な選択モードの東芝の蓄電池

東芝の家庭用蓄電池「エネグリーン」は、長寿命でさまざまなライフスタイルや家族構成に対応出来る柔軟さが魅力です。多くの家庭用蓄電池は寿命回数が平均7,000回に対して、東芝のエネグリーンはなんと15,000サイクルが可能になっています。バッテリーの減りがすぐに無くなってしまうという、ストレスが必要ないのです。

エネグリーンにはライフスタイルに合わせられる、さまざまな「運転モード」が搭載されています。売電価格を重要視できる経済お任せモードや、電気を常に高めに貯めておく「停電準備モード」など4つのモードがあるため、自分で決められます。価格は200~300万円とかなり高額になってきますが、十分金額に見合った商品です。
【参考 :東芝エネグリーン

天候変化に対応可能なシャープのクラウド蓄電池

ハイブリットパワコンで太陽光発電が効率よく、クラウド接続で快適に電力利用が可能です。室内での設置も可能になり、0~40℃まで対応ができるため大体どこでも利用できます。

また、屋外で使用する場合は設置工事が簡易基礎になり、早く蓄電池が使用できるのです。
シャープは長期保証が付いており、最大15年まで(有償)保証があります。HEMSとセットで購入すると天気予報に合わせて、クラウド蓄電池が察知して充放電を自動で行ってくれます。
【参考 :シャープ

【参考 :シャープ HEMS

パナソニックのリチウムイオン蓄電池

お手頃な価格で導入時のコストを抑えられるため、ランキングでも上位に上がっています。デザインもシンプルで小型ですので、部屋の中に設置しても違和感がありません。

また、常に通電しておきたい家電やパソコンに接続しておけば、停電が起こってしまっても通電してくれるため安心です。

電気の残量が一目でわかる液晶タッチパネルがついていますので、電気の動きなどがわかります。また、設定の方法も簡単ですので、高齢の人でも操作ができるようになっています。
【参考:パナソニック

テスラモータースの家庭用蓄電池

もともとは電気自動車メーカーだったテスラモーターズですが、2015年に家庭用バッテリーを開発しました。そのため、テスラは国内メーカーの蓄電池と比べると、デザイン性が高く薄型で壁に掛けられるという、従来にはなかったものです。

大容量で価格は、36~60万円とかなり低価格です。しかし、今のところは補助金はないようですので、そのあたりも踏まえて購入を検討してみてはいかがでしょうか。
【参考:テスラ

蓄電池の設置にかかる費用

蓄電池の本体以外にも設置工事費や基礎工事費、配線などの電気工事の費用などがかかります。住環境やライフスタイルによって、工事内容は異なるため専門業者に相談して見積りをしてもらうことが大切です。

屋内外に関しても工事内容が変わってきますので、値段ももちろん差が出てきます。
また、店によっては設置費込みの値段で提示していることがありますが、設置費用や基礎工事の相場などを知っていないと相手の思うツボです。

蓄電池の価格を抑えるポイント

蓄電池は平均で100万円は超えてきますので、少しでも価格を下げれるものを選ぶほうがよいとされています。電気を自給自足するのはエコが目的であればよいのですが、売電を目的とするのであれば本体自体の価格を抑える必要があります。

適切な容量の蓄電池を選ぶ

蓄電池は高額なためローンが組めるのですが、利用目的によっては「そこまでしなくてはいけないのか」という疑問が湧きます。容量が多いもののほうが良いですが、金額もかなり高くなります。ライフスタイルから、どのくらい容量が必要なのか考えてから蓄電池を選び、無駄に高い買い物をしないことが大切なのです。

蓄電池に求めるものを明確にしてから購入しなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。また、すでに太陽光発電を設置したのであれば、蓄電池は少し価格も安いものを購入してもよいのではないでしょうか。

蓄電池の目的が利益なのであれば、容量が大きければその分元を取り返せてさらにプラスにもなるかもしれません。しかし、そうなるのは15年以上先だと考えておいたほうがよいです。

補助金を利用し購入費用を抑える

補助額はそれぞれのメーカーによってかなり金額の差が出てきていますので、購入の際は補助額との照らし合わせて確認してみましょう。多くの自治体によって補助金が設定されているので、自分の住んでいるところのチェックをしてみてください。

残念ながら国からの蓄電池単体の補助金はないですが、新築やリフォームをする場合に対象になります。ZEH(ゼッチ)関連の補助事業の一部として、蓄電池も補助金対象となるのです。

ZEHは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、エネルギー消費量が正味ゼロという意味になります。しかし、完全にゼロではなくプラマイゼロということで、太陽光発電のようなシステムを指します。
「断熱・省エネ・創エネ」の3点揃えればZEHが実現でき、補助金も入ってくるというわけなのです。これから家を建てる予定がある人は、ZEHにするほうが断然お得です。

太陽光発電と併用する場合に最適な蓄電池

太陽光発電との相性は抜群ですが、どのような蓄電池がよいのかを決めていきましょう。系統接続型の太陽光と蓄電池を同時に制御する、ハイブリットパワコンを搭載している蓄電池システムが最近では人気があります。

有名メーカーではパナソニックやシャープ、エリーパワーなどのメーカーで発売されています。5kw前後から11kw位の容量で、価格は200万円程度から350万円程度のものがあるようです。特に、パナソニックではすでに2012年から「創蓄連携システム」という名前で生産を始めていたようです。

2015年には相次いで大手メーカーから発売されて、各メーカーが競い合っている状況になっています。その他にオムロンも同様に発売していて、将来的には人々の生活の中になくてはならないものになってくるでしょう。

蓄電池を設置して太陽光発電を有効に活用しよう

最大のメリットは2016年に「電力の自由化」が決まり、電力会社を選択できるようになりました。年々電気代は高騰していく一方で、電気を太陽光発電で自給自足するという考え方も多くなっています。 しかし、オール電化の住宅が増える中、震災などでライフラインがストップする事態も出てきたため、電気がストップしても蓄電池で補えるというメリットが見直されてきました。

太陽光発電や蓄電池に関する住まいのことはナコウドへ相談

これから電気を自給自足していきたいと考えている人に、おすすめのサイトがあります。初心者でもわかりやすく親切に教えてくれて、設置する際の見積もりで相場などもわかります。また、リフォームする際に、太陽光発電などの設置にも対応してくれます。

また、市町村の補助金に関してもどのくらいもらえるのかもわかりますので、太陽光発電や蓄電池を購入する際には、一度ナコウドを利用してみてはいかがでしょうか。


関連する記事