エコキュートの寿命は?|長く使う方法とおすすめの修理業者

【投稿日】

【更新日】

リフォームを検討する際に、エコキュートの設置を考えている人は少なくありません。

エコキュートは高額な商品のため、簡単に導入できるものではなく、寿命も気になるところ。本記事では、エコキュートの寿命や長持ちさせる方法などを取り上げていくので、導入する際の参考にしてください。


エコキュートの寿命はどのくらいなの?

まずは、エコキュートの寿命年数を確認していきます。基本的には、10年から15年が目安です。エコキュートを作っているメーカーは、10年程度しか修理部品を保管していないため、10年以上経つと買い替えになるでしょう。

一般的な寿命は10年から15年位が目安

エコキュートは「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」とも呼ばれ、空気熱でお湯を沸かすエコキュート。省エネ効果もあり、エコなアイテムとして人気を集めています。しかしながら、電化製品であるため、平均寿命があります。

年数の目安は、おおよそ10年から15年。他の給湯器も同様の寿命年数ですが、複雑な作りをしているエコキュートは、定期的なメンテンナンスを必要とし、使用する頻度や部分ごとで寿命の長さが異なります。

なぜ10年から15年なの?

10年から15年という寿命年数は、修理部品の有無によって決定されています。エコキュートをリリースしていえるメーカーは、10年程しか修理部品を保管していません。そのため、10年を過ぎるとそもそも修理ができなくなり、買い換える必要があります。

さらに、小まめに手入れをしていなければ、10年から15年よりも、もっと短い年数になってしまうでしょう。

貯湯タンクよりも、ヒートポンプユニットのほうが寿命は短く、最短で約5年程の可能性もあります。エコキュートの寿命が来たら、専門業者に対応を求めましょう。

エコキュートの寿命を長くするためのポイント

エコキュートを、できるだけ長い期間使用するためには、どうすれば良いのでしょうか。まずは、定期的にメンテナンスすることが挙げられます。また、入浴剤も影響を受けると言われてるので、使用を控えましょう。

さらに、エコキュートの周りには物を置かないことや、長い時間使わないときには、電源を切ることもおすすめします。こうしたエコキュートの寿命を長くするためのポイントについて、詳しく解説します。

定期的な自己メンテナンス

業者ではなく、自身でメンテナンスする際は、「水抜き」することが重要です。貯湯タンク、ヒートポンプユニットともに、定期的に水抜きするようにしましょう。それぞれの目安年数などを見ていきます。

貯湯タンクの水抜き

自分でメンテナンスをする時には、タンクの水抜きをしてください。水を抜かないと不純物がたまり、その汚れがお風呂に流れてくる可能性があります。水抜きの目安は、だいたい年に2〜3回です。水抜きの方法は、給水配管専用止水栓を閉じ、排水栓を1〜2分開いてください。なかなか汚れが落ちない際は、業者に連絡してクリーニングを頼みましょう。

ヒートポンプユニットの水抜き

貯湯タンクだけではなく、ヒートポンプの水抜き(空気抜き)も大切です。水抜き栓をすべて開き、1分程度水を抜きます。回数の目安は、貯湯タンクと同様に、年に2〜3回。エコキュートによって、多少手順が異なるため、説明書を読んだうえで対応しましょう。

入浴剤の使用に注意する

「お風呂に入る時は必ず入浴剤を使用する」という人は、多いのではないでしょうか。しかし、エコキュートは、入浴剤の種類によって、貯湯タンク内などの腐食の原因になります。お湯が濁る入浴剤や、ミルク成分を含むタイプ、硫黄や酸、アルカリや塩分などを含む商品は、使えないと認識しておきましょう。

入浴剤だけではなく、水の種類も重要です。井戸水や温泉、地下水などは、エコキュートの寿命を縮めてしまうリスクがあり、メーカー側も保証していません。地下水や井戸水に関しては、専用のエコキュートがありますが、基本的には、普通の水を使用しましょう。ちなみに、寒冷地用や海沿いの地域用など、環境に対応したエコキュートもリリースされています。

エコキュート周辺には物を置かない

エコキュートのヒートポンプの周りには、できるだけ物を置かないことで、寿命を長くすることも可能です。スペースが余っているからといって物を置いてしまうと、吹出口、吸込口を塞いでしまい、正常に起動できなくなり、故障につながることも考えられます。エコキュートを設置する際は、ある程度のスペースが必要なことも頭に入れておきましょう。

長期間使用しない場合の措置に気を付ける

長期の旅行などでエコキュート利用しない際は、必ず水を抜きましょう。また、電源も落としてください。各メーカーによって停止の仕方は異なるので、長期間使用しない場合は事前に確認しておきましょう。

エコキュートの利用を再開する際は、すぐにお風呂に入れるとは限りません。水を満水にして、お湯が暖まるまで待ちましょう。しかし冬場であれば、凍結を防止するために、電源を切らなくても構いません。

寿命が近づいた時はどうしたら良いの?

エコキュートは、設置してから約8年経過後が、修理や買い換えを検討する時期です。8年を目安に、今後のプランを組み立ててください。そして、エコキュートに関する知識が豊富な業者を探しましょう。こうした寿命が近づいた時の対処法について、詳しく見ていきます。

設置後8年を超えたら故障修理や買換えを考える

エコキュートの基本的な寿命年数は、10年〜15年ですが、約8年で故障しやすいです。「エラーが出ている」「お湯があふれ出てしまう」「水漏れしている」「そもそもお湯がでない」といった状態であれば、壊れている可能性があるでしょう。修理費は簡単なものであれば、20,000〜30,000円程度で済みますが、ヒートポンプであれば、数十万円程度かかります。

各メーカーには、保証制度がついていますが、8年以上のプランであれば安心です。ただし、8年以上のプランは、有料になる可能性もあるため注意しましょう。もちろん、故障して修理に出す以外に、買い換えることも選択肢に入れておいてください。修理代よりも、買い換え料金のほうが安値のケースもあります。

エコキュートに関する知識が豊富な専門業者を探す

「修理に出したい」「買い換えたい」ということになった際は、エコキュートについて見識が深い、専門業者を探してください。業者によって知識や技術力などが異なりので、しっかりと選ぶようにしましょう。また、あまりにもお得すぎるプランを提示してきたり、期間限定キャンペーンを謳う業者がいれば、詐欺かもしれないので注意が必要です。

エコキュート寿命と故障時の対応業者の知識を高めよう

エコキュートの寿命は、部分によって異なりますが、一般的には10年から15年です。生産終了したエコキュートの修理部品は、メーカーが10年程度しか保管しないため、寿命が来たら買い換えることになります。できるだけ長く使用するためには、しっかりと小まめにメンテナンスを行いましょう。貯湯タンクや、ヒートポンプユニットの水抜きは欠かせません。

また、入浴剤の選定や、エコキュート周辺に物を置かないことも大切です。長期間使用しない場合は、水を抜き、電源を切りましょう。エコキュートの寿命が来た際は、必ず知識が豊富な専門業者を探してください。また、8年が故障の目安と言われており、購入時に8年以上の保証プランに入れば安心です。

親身に相談に乗ってくれるナコウドがおすすめ

業者探しは、エコキュートについて親身に相談に乗ってくれる、ナコウドを活用しましょう。そもそもエコキュートのような電化製品は、プロに修理を任せたほうが安心できます。買い換える際も、必ず見積もりを取ってもらい、複数業者と価格比較を行うようにしましょう。悪徳業者にだまされないようにするためにも、ナコウドはおすすめです。


関連する記事