家庭用蓄電池のメリットとデメリットとは?特徴を徹底解説!

【投稿日】

【更新日】

蓄電池とは、充電によって繰り返し使用できる電池のことで、バッテリーや二次電池とも言います。この蓄電池で、家庭用の電気を蓄えることができ、家電や電気自動車に使うことができます。節約にも災害などの停電時にも、貯めておいた電気を使うことができるので安心です。そんな便利な蓄電池ですが、メリットデ・メリットを見ていきましょう。




 

1. 蓄電池のメリット

省エネや節約など蓄電池を導入するにあたって、各家庭にあった蓄電池を考える時、どのような蓄電池のメリットがあるのか調べてみました。

太陽光発電と合わせて設置すると売電量のアップが期待できる

太陽光発電システムと蓄電池をセットで設置すると、日中の電力消費が、多い場合と少ない場合では、差はありますが、節約・節電に貢献できますし、売電量も増えます。

日中の消費電力が多い場合、太陽光発電で、昼間の電力を売電し、電気料金の安い深夜電力を蓄電池で充電して昼間の電力を賄うことで売電量を増やすことができ、節電や節約に貢献できます。また、曇天や雨天時など、日中の電力量が少ない場合、昼の電気料金の高い時間帯は、太陽光発電で発電した電気を使い、電気料金を低く抑えることができるので、節約することができます。太陽光発電で発電した電気を使用し、電力需要の大きい夏場などは特に、かなりの節約をすることが可能になります。

災害時などは非常用電源として使用できる

自然災害の多い日本で、防災意識の高まりとともに、電気の重要性に気づかされることが多くなりました。小さな子どもやお年寄り、病気を抱える家族がいる家庭なら、夏場の暑さや、冬の寒さをしのぐのも大変なことです。もしもの備えに蓄電池は必要な時代になっています。

地震や台風などの災害時の停電では、非常用電源として、蓄電池に貯めた電気を使うことができます。蓄電池の製品によって、停電時に優先的に電気を使用したい家電製品を設定すると、その家電製品に12~24時間電力供給できたり、太陽光発電の発電量が十分な日は、蓄電池へ自動的に充電される製品があります。

7.2kwhの蓄電池なら3時間のフル充電で、照明器具・携帯電話の充電・テレビ・パソコン・扇風機・冷蔵庫を同時に12時間使い続けることができます。   

電気自動車と連携が可能になる

太陽光発電システムだけの使用だと、昼間電気自動車を使用している場合、発電した電気は昼間に電気自動車に充電することはできません。トライブリッド蓄電池システムがあると、昼間、太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて、夜間に電気自動車に充電することができます。

そして停電した時にも、トライブリッド蓄電池システムなら、電気自動車に貯めておいた電気も、家庭用の電気として使用することができるので、長期間の停電でもしばらくの間電気を使用することができます。

また電気には、AC(交流)とDC(直流)があり、どちらかに変換するときに失われてしまう電気(変換ロス)がありますが、トライブリッド蓄電池システムなら、それぞれの機器に電気を移動させる際に電気の変換をほとんど必要としないので、つくった電気を無駄なく使うことができます。

パワコン一体型蓄電池は更にメリットがある

太陽光発電システムが設置済みの場合、パワコンの買い替え時期に、パワコン一体型の蓄電池にすることで、変換効率がよくなり、パネルの設置容量が変わらなくても売電量が増え、経済効果が期待できます。設置スペースの問題でも、パワコン一体型なら、省スペースで設置することができます。そして、同時に購入することで、同時購入割引を適用してくれる業者もありますので、お得に購入ができます。   

2. 蓄電池のデメリット

蓄電池のメリットだけではなく、デメリットはどのようなものなのか、デメリットも知ったうえで、蓄電池の検討に役立てましょう。

ポータブル式や小型の製品は蓄電容量が少ないものがある

蓄電池の製品によっては、ポータブル式や小型の製品は、蓄電容量が少ないものがあります。蓄電容量によって、貯められる電気量や使える電気量が変わってきます。非常時にこそ蓄電しておく必要があるのですが、蓄電池に貯められて電気を使用すると減ります。そのため、蓄電池に貯めた電気を使う時には、放電時間や蓄電残量を常に意識しなくてはいけません。しかし、電気の使用量を意識することは、節電意識が高まり、節約につながります。

しかし、蓄電容量が大きくなれば、貯えた電気の使用慮時間は増えますが、蓄電池の価格も高くなっていきます。一般家庭なら6~8kwhで、100万円以上はします。どれぐらいの容量を必要とするのか、予算やライフスタイルを考えしっかり検討しなくてはいけません。

家庭用の蓄電池(リチウムイオン蓄電池)には寿命がある。

リチウムイオン蓄電池には、寿命があります。リチウムイオン電池は、スマートフォンやノートパソコン電動自転車等の機器に使われています。よくスマートフォンを何年も使用していると、電池の持ちが悪くなりますが、充放電を回数には限りがあり、充放電の回収寿命を超えると蓄電容量が減るのと同じで、家庭用蓄電池も徐々に劣化していきます。そのため交換が必要になります。

蓄電池の補償期間や充放電回数の寿命はメーカーによって異なりますが、目安として、蓄電池の充放電サイクルは、約1200回、1日平均約1~2回の畜放電で、寿命は約2~3年です。使用頻度が少ないと、5~10年持つ可能性もあります。保証されている充放電のサイクル数を超えると少しずつ電池の持ちが悪くなっていきます。

低温の場所の方が劣化しにくくなるので、直射日光が当たったり、高温になる場所には不向きです。しかし、低温になりすぎて、結露したりするとバッテリーの内部まで錆びてしまい、水分に何か電解質が解けてた場合、ショートしてしまうことがあるので、注意しなくてはいけません。

設置するためのスペースが必要

家庭用蓄電池を設置するにあたって、重要なのが設置スペースの問題です。定置型の家庭用蓄電池のサイズの目安は、幅約1m、奥行30㎝、高さ1m20㎝の蓄電池が設置できるスペースが必要です。置く場所の状態によって蓄電池の寿命も変わってきますので、高温や低温になりすぎず、結露しない場所を確保しましょう。長く良い状態を保つためには、設置場所の調査も必要です。そのための事前調査もしっかり行ってくれる業者を見つけることも大切です。

価格が高い

機種や蓄電量によって変わってきますが、超小型の蓄電池でも数10万円しますので、一般家庭で導入することの多い6~8kwh程度の製品になると、100万円程度かかることもあります。売電を目的としたとき、導入コストと年間の発電量と売電収入などしっかり計算し、売電収入の予想を立て、設置を検討しましょう。購入する太陽光発電システムと同時に購入の際には、信販会社や銀行のソーラーローンを使うこともできます。

例えば、1日最大8kwhを蓄電できるとして、単価30円で電気を買っているとすると、電気を買う買電を削減できる金額としては、保証期間の15年で、8×30円×365日×15年=1,314,000円になります。ただ、最大8kwh蓄電できない日もあるはずなので、費用効果としてはデメリットになります。また、メーカーによって保証期間、保証内容が変わってきますので、しっかりチェックしましょう。


 

3. 家庭用蓄電池の相場価格と設置費用

家庭用蓄電池システムで使用されている電池は主に、リチウムイオン電池と鉛電池があります。リチウムイオン電池は、小型で軽量のバッテリーを作ることができ、短時間の充電で大きなパワーを出すことができます。しかし、値段は高く家庭用の蓄電池でも100万円以上かかってしまします。鉛電池は、費用的には安いのですが、リチウムイオン電池に比べるとサイズも大きくなり、たくさんの電気を貯めることができません。

家庭用蓄電池の価格は、メーカーによって容量(kwh)・サイクル数・使用モードが異なりますが、目安としては、家庭用蓄電池1台につき、160~250万円。単価にすると1kwhあたり22~35万円程度になります。蓄電池に何を求めるかによって機種や価格は変わってきます。また設置するには、工事費用がかかります。設置工事・電気工事で、20~30万円かかります。

平成30年度は、国からの補助金は中止になりましたが、都道府県や市町村の各自治体ごとで補助金の設定がされているところがありますので、各自治体に問い合わせてみてください。補助金の案内や、申請を業者がやってくれるところもあります。

例えば、平成30年度の東京都の場合、蓄電池単体のみの設置でも補助金が出ます。商品価格の1/6または、1kwhあたり4万円または、24万円のうち一番安い方が適用されます。商品価格も、(24万円×6=144万円)工事費用を足せば144万円以上になることがほとんどでしょうし、一般的な家庭用蓄電池なら、容量も6kwh以上がほとんどなので、(6kwh×4万円=24万円)最高額の24万円が支給される場合が多いでしょう。

支給条件は、都内に新規設置されたもの、未使用であること、住宅住居用に設置されることが条件です。ただ、予算は限られているので設置が決まれば、早めに相談することをおすすめします。


4. 蓄電池のメリットを活かすためには

蓄電池のメリットを最大限に活かすためには、太陽光発電システムと蓄電池の相性が抜群なので、合わせて導入するのが一番です。日中に多く電気を使う方や、太陽光発電の設置容量が小さい場合は、深夜の安い電力を蓄電池に充電し、昼間は充電した電気で賄い、太陽光発電が発電している昼間の電気を売電にまわすことができます。

また、日中電気を使わない方や太陽光発電の設置容量が多い場合は、太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯え、夜の電気を使う時間帯は、昼間に太陽光発電で発電した電気を使うことできます。その分、購入電力を減らすことができるので、節電になります。

太陽光発電システムと蓄電池を一緒に使うことで、節電と売電収益の両方を実現することができます。しかし、一緒に導入するには、設置スペースの問題もあるかと思いますが、パワコン一体型蓄電池をありますので、一体化している分省スペースで済みます。スペースの確保で悩んでいる方は、パワコン一体型蓄電池や壁掛け型もありますので、気軽に業者に相談してみましょう。

各メーカによって、得意分野が違いますので、特徴が違います。各家庭によって合う製品も違います。また、太陽光発電システムと蓄電池を同時に設置することで、費用が値引きになる業者もあります。自分の住まいに合う蓄電池を探したいのならまずは、太陽光発電の見積ができるナコウドのWebサイトで、一括見積をしてみましょう。

 


5. 蓄電池の導入は最新の知識がある専門業者に相談しよう

日本の再生可能エネルギーの開発・普及は急務であり、その先駆けとして太陽光発電システムの導入が広がっています。太陽光システムが普及し価格も安定した今、蓄電池の導入は、自然災害の多い日本には、非常時の電源として安心を与えてくれます。非常時の安心と日本のエネルギー問題を解決してくれる画期的なシステムです。

蓄電池の設置を検討するなら、最新の知識と実績のある信頼のおける専門業者に相談しましょう。初めてのことならなおさらわからないことばかりです。わからないことがあれば細かいことまでしっかり相談したいものです。しかし、どの業者に頼んでいいものか、そこからわからないという方もいます。まずは、信頼のおける業者を見つけることから始めましょう。

5.1. 太陽光発電の一括見積りはナコウドで

蓄電池の普及で、悪質な訪問販売業者も増えてきています。悪質な業者の被害にあわないためにも、信頼のおける業者も見つけなくてはいけません。信頼のおける業者を探すことは、簡単なことではありません。購入してからも、しっかりとメンテナンスをしてくれる業者を探さなくてはいけません。しかし、どう探していいのかもわからないときには、ナコウドのWebサイトにアクセスすれば、自宅近くの信頼のおける業者から、一括で見積もりを取ることができ、業者に問い合わせすることもできます。

各業者によって、設置内容や見積額は異なります。厳選された業者の中から、見積もりをもらい、比較検討し確認をとりながら、契約をじっくり検討することができるので、失敗しない業者を見つけることができます。安いからいいではなく、比較検討することは、質の高い業者を見つけるいい機会になりますので、ぜひ相談してみてください。



外壁・屋根塗装 の相場を知りたい方はこちら